私が市長になったら

就学援助切り下げを「嗤う」現市長の耐えられない「軽さ」

これで選挙運動期間中は最後のブログ更新になるでしょうか。 就学援助の問題を取り上げておきたいと思います。 弱い者がさらに弱い者をたたく さいきまこさんのマンガに『陽のあたる家 〜生活保護に支えられて〜』(秋田書店)というのがあります。私はペン…

告示の日の私の演説です

今日から市長選挙が始まりました。 私の告示日の演説を載せておきます。 「公約を読む時間がない」という人は、これでだいたいの私の政治姿勢を知っていただきたいと思います。 ロープウエー推進か中止か いよいよ市長選挙が始まりました。 無所属で共産党か…

観光をどう考えるか(下) 持続可能な観光

(続き) 当然ですが私は「反観光」ではありません。 福岡や日本の文化・歴史の魅力で、日本人だけでなく外国人が日本や福岡を訪れてくれることを歓迎します。 そのさいの私の観光の原点は「住んでよし・訪れてよし」という考えです。 日本観光振興協会の副…

観光をどう考えるか(上) 宿泊税について

宿泊税は、「分捕り合戦」の様相を呈してます。 福岡県 ”宿泊税導入”念頭に作業加速 福岡市も導入へ動き|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 おまいら、落ち着け。 この機会に「かみやが市長になったら観光をどうするのか」を述べます。 高島市政の観光行政…

国家戦略特区は返上すべきか

高島市長が安倍政権と一体で進めているのが国家戦略特区です。「グローバル創業・雇用創出特区」っていいます。 忘れちゃいけない解雇指南特区 忘れちゃいけないのが、この走りが「雇用労働相談センター」ってやつです。 ここで事実上の「解雇指南」が行われ…

8時間働けば・年金があれば、ふつうに暮らせるまち

昨日は事務所びらきで、私が無料塾で教えていた子どもの手紙が紹介されました。あの子もう中学生か……とびっくりしました。シングルのお母さんとの楽しいやりとも手紙の中に出てきて、つい3年くらい前の話なのになつかしかったです。 お母さんはやはり今の中…

教育勅語の「父母ニ孝ニ」は今でも使えるか

新しく文部科学大臣になった柴山昌彦氏が教育勅語について問われ、「アレンジした形で今の道徳などに使える分野は十分にある」「普遍性を持っている部分がみてとれる」と答えたことが問題になっています。 この論法の批判は、すでに他のみなさんがさんざんさ…