選挙運動に関する収支報告書の要旨を載せておきます

 みなさん、お久しぶりです。

 公職選挙法にもとづいて市長選挙の選挙運動に関する収支報告書をつくりました。近いうちに「福岡市公報」(「福岡市政だより」じゃありませんよ、「官報」みたいなもんです)に載ります。その要旨をここにも書いておきます。

収入 支出
主たる寄附 氏名・団体名   人件費 10,000
Aさん 80,000 家屋費 260,000
Bさん 100,000   選挙事務所費 260,000
Cさん 100,000   集合会場費 0
Dさん 500,000 通信費 140,000
Eさん 30,000 交通費 0
Fさん 20,000 印刷費 1,551,340
Gさん 100,000 広告費 618,748
Hさん 130,000 文具費 0
Iさん 30,000 食糧費 0
Jさん 50,000 休泊費 0
Kさん 50,000 雑費 0
Lさん 50,000    
Mさん 100,000    
Nさん 50,000    
Oさん 30,000    
Pさん 20,000    
Qさん 200,000    
市民が主人公の福岡市をめざす市民の会 400,000    
日本共産党福岡県委員会 390,088    
その他の寄附 15件 150,000    
その他の収入   0    
合計   2,580,088 合計 2,580,088

 詳しくは公報をご覧ください。

 さらに「支出のうち公費負担相当額」というのがあります。選挙は「公費負担制度」と言いまして、市民に政策を知らせる最も基本的な宣伝物(自動車・ポスター・ビラ)には行政がお金を出してくれます。と言っても得票率10%(供託物没収点)以上を取らないと負担してくれないんですけどね。

 私の場合、ビラの作成が476,000円、ポスターの作成が804,000円、合計1,280,000円です。

 これから市長選挙に出ようと思っている方は、だいたいどれくらいあれば選挙というものはたたかえるのか、事務所はどれくらいで借りられるのか、参考にしてください。

 高島市長のも分かったら、私の方からお知らせしましょうかね(笑)。